お久しぶりです

ご無沙汰しておりました。

この4月からKBC事務局の人員が変わりましたがコロナの最中でブログの引き継ぎができず、いまに至ってしまいました。

これから「神楽坂ブック倶楽部」という名前の通り、神楽坂と本、そして本のまわりの情報を中心にお伝えしたいと思います。

今日は、神楽坂の新店をご紹介。コロナ禍にオープンした、評判のお店です。

1 Aux Merveilleux de Fred
6月、神楽坂駅1番出口からすぐの場所に突然すてきなお店が現れました。
フランス語を知らないと読めない店名。看板には日本語表記もありませんが、「オー・メルベイユ・ドゥ・フレッド」というそうです。

ショーウィンドーにはドーム型の大きなパンと、雲みたいな立派なメレンゲが。
入ってみると。

 

ショーケースにあるカラフルなケーキは、店名がついた看板メニュー「メルヴェイユ」。
チョコ、ホワイトチョコ、チェリーなど6種類あります。
そしてショーケースの上に載っているのが、ドーム型のパン「クラミック」。
どちらもこれまで見たことがないお菓子。

フランス発の同店は、この神楽坂店が日本どころかアジア第1号店だそうです。

持ち帰りをする人が多いですが、2&3Fのカフェでもいただけるとのこと。螺旋階段で3Fまで上がって、コーヒーと一緒にいただきます。
メルヴェイユはヘーゼルナッツがまぶしてあるものを選びました。メレンゲとクリーム、ナッツが混じりあって、おいしい!
あっという間になくなってしまったので、大きなパン「クラミック」もいただくことに。

チョコやレーズン入りもありますが、プレーンにしてみました。
ブリオッシュ生地の甘めのパンで、素朴な味わい。食べ始めるととまりません。
このお店にリピーターが多いのがうなずけます。
時間帯によってはお店の外まで行列ができているので、時間に余裕を持ってご訪問ください。

お店の公式ホームページ(日本語はありません)
http://www.auxmerveilleux.com/home_en/

 

 agari

こちらは9月にオープンしたばかりの「パフェバー」。季節のパフェが売りのようです。

レンタルスペースにて週に2~3日の営業なので、事前にHPなどでチェックするとよしです。

 

場所は神楽坂駅矢来口から出て1分弱。これまで何度も前を通っているはずなのに気がつきませんでした。木の扉をガラガラと開けると店内は少し暗くて、落ち着いた雰囲気。

これが、17時からいただける「3種のミニパフェ食べ比べセット」。

昼間は大きいパフェが食べられますが、夜はミニパフェです。でも3種類も食べられるなんて、贅沢! しかもこの見た目。気分が一気にあがります。

左から、シャインマスカットのパフェ、甘くないおつまみパフェ、いちじくのパフェ。

どのパフェも、とても複雑な味。

例えばいちじくのパフェは、分かっただけでも、いちじく、メレンゲ、キャラメルソース、クランブル、ゼリー、胡桃etcが入っていました。入っている具の組み合わせが絶妙で、感動的。おいしすぎます。

パフェは季節や月ごとに替わるそうなので、定期的に来ます!と決意しました。

お店の公式ホームページ

https://www.agarijp.com/

残念ながらコロナの影響は神楽坂にも押し寄せ、閉店するお店が後を絶たないようですが、紹介したお店の他にも、新オープンの気になるお店があります。そんな神楽坂の耳より情報を、これからも発信していきたいと思います。