休日のランチライブ

昨日の神楽坂通りは青森の「ナニャドヤラ」と「田子神楽」のイベント物産ブースも展開されていました。揃いのTシャツを見ると「田子高校郷土芸能部」の文字。若い子たちが郷土の伝統を守ろうと活動してるんですねぇ。
なんだか清々しい心持になる。
暑いけど、みんな頑張れ!

 

 

と、エールを送りつつ、今年は通り過ぎてしまいました。ごめんなさい。
年に一度のお楽しみ、フランスから帰国中のギタリストのライブがあったので。

 

 

 

 

フランスで活動するジプシージャズのギタリスト、波多野智高さんは毎年夏にひと月ほど日本に帰国します。
その間に、東京に限らず様々なところに招かれてライブをするのです。
ホームページがあるわけではないので、「そろそろ帰国する頃じゃない?」と思われるあたりから情報をキャッチするのに必死。
少なくともU-ma Kagurazakaさんでは1度はライブがあると睨んで、必ず早めに予約をお願いしています。
お店のイベントページに上がる前から「ライブやりますよね?予約お願いします。」という勢い。
そう、「神楽坂で波多野さんを聴く!」ということが重要な醍醐味なんです。

今回はランチライブ。
オープンは12:00だったのですが、その前に斜向かいにあるRINTAROさんで恒例のジェラートタイム。
珍しく空いている。
「真夏は逆にお客さんの出足が読めないですよね」と。
確かに暑すぎるとカキ氷に流れてしまうのかもなー、と思いながら、久しぶりにゆっくりお話を。
こちらでは選んだワッフルコーン(ノーマルorチョコ)が、焼きたてで提供されます。
そこに2種類のお好みのジェラートを盛ってもらう。
さてさて、今週のニューカマージェラートは何かな?
…トマト&バジル。
見た瞬間から衝撃。
もちろん、いただきました。ノーマルのワッフルにトマト&バジル+パッションフルーツ。
どちらもサッパリで、身体もお口もスッキリ。

さて、その後は指折り数えて楽しみにしていたライブです。
久しぶりに訪れた店内の展示は替わっていて、落ち着いた雰囲気。
いいですねぇ。天井の扇風機がゆるゆると回る。硝子戸からは柔らかな日差し。身体に優しいベジプレートランチとワイン。

3人だから、ワインはボトル頼んじゃっていいよね♪日曜の昼間から友人とグラスを合わせてのんびりできるなんて、ランチライブ最高。

ジプシージャズの基本はギター2本という形なのですが、今回はバイオリンの今拓也さん、ベースの多田新吾さんとのトリオ。相変わらず波多野さんのギターはセクシー。激しい音色と超絶技巧にメロメロです。気持ち良すぎて、ファーストステージでボトルが空いてしまった。
セカンドステージは別の飲み物を頼んで。
大変贅沢な時間でした。

 

終わった後は、先ほどとは打って変わった激混みのRINTATOさんで、今度は友人とジェラートを食す(ちなみに本日2本目の組み合わせはハワイアン+南高梅ミルク)。
それでも、日差しはまだ高い。
更に、共通の知人の店をハシゴして、充実の日曜日が終わりました。

ランチライブだと、1日が長い。
その後も充実して過ごせるところが良いですね。
もっと休日のランチライブが増えたらいいのに。

ちなみに、波多野さんのライブの予定は下記です(私調べなので、ちょこっとしかわからなかったのですが)。

8/24 南阿佐ヶ谷「LAST GUITAR」ギターワークショップ

直接波多野さんの指導を受けられます。

 

8/24阿佐ヶ谷「フレンチバル&カフェ Chez Moi(シェモア)」

波多野智高(gt)from France、川又瑞代(vl)、阿部恭平(ba)

 

8/25国分寺「giee」

波多野智高(gt)<from France> 伊東伸威(gt) 冨岡雅佳(gt)

 

お近くの方、興味がある方は足をお運びください。
もう、夢中になること間違いなしです。