24時間券

十二国記シリーズの新刊が10月に刊行されるのです!そろそろ照準を合わせて既刊を読み込んでおかなくては!!!
ということで、またもや本読み電車ツアーを敢行しました。

今回は東京メトロ。
通ったことがない駅を目指し、最終駅で下車するというルール。
ターゲットは
千代田線-北綾瀬
東西線-南行徳から西船橋
有楽町線-豊洲から新木場、氷川台から和光市
丸の内線-中野新橋から方南町
南北線-王子神谷から赤羽岩淵

路線図をダウンロードし、印をつけ、回る順番を考える。
大手町から北綾瀬。
北千住で日比谷線に乗り換え、茅場町から西船橋。
折り返して茅場町から日比谷線、築地で地上乗り換え、新富町から新木場。
折り返して有楽町乗り換え、丸の内線で方南町。
方南町から新宿三丁目乗り換え、副都心線で和光市。
和光市から有楽町線で池袋、丸の内線の春日乗り換えで赤羽岩淵。

さあ、利用するチケットです。
Touch&GoできるPASMO一日乗車券を買おうと思ったんですがふと手が止まる。
「ホントにそれで良いのかい?」とわざわざ確認画面が出るのです。
それは東京メトロ24時間券
駅員さんに聞いてみると、「PASMOは今日の終電まで。24時間券は明日のこの時間まで使えるから絶対にそっちの方がいい!」とかなりの推し。
でもなぁ、終電から始発までは動かないわけだし、明日は徒歩出勤なんだけどな、と思いつつ、同じ値段なのでオススメの24時間券を購入。
さあ!いざ!!
って、しょっぱなから間違えて西船橋に行ってしまったわけですが、そこは修正してその後に北綾瀬。
北綾瀬-綾瀬間て、1駅のためだけの路線なんですね。
何だか可愛い。
駅前の菖蒲の公園が印象的な駅でした。
昼前の出発だったので、昼食は下車駅の地元ならではのお店でご飯を食べようと思ったのは、大失敗でしたね。
ベッドタウンだからでしょうか、この後方南町に着くまで、駅前にはチェーン店しか無かったのです。(ラーメン屋さんはあったんですが、眠くなっちゃいそうなので却下。)
もう、新木場に行く前に諦めてコンビニでおにぎりを購入。
駅のベンチで黙々と食べるという哀しさ。
そういうこともありますよ。

方南町では駅前の、いかにもな町のお肉屋さんで唐揚げを購入。
やっと現地のお店で何か買う!という目標を達成できました。
副都心線の急行は本当に早いんですね。
あっという間に到着した和光市は、今、駅ビルの造成中で、出来上がったらさぞ賑やかになるだろうなという予感。

11:44に飯田橋を出発し、最終地点の赤羽岩淵には19:15くらいの到着。
ここで、駅に着く寸前に本を読み終わるという奇跡が。
おお、これは赤羽岩淵で飲んで帰れという神の啓示ではと思うも、飲み屋街ってJRの方なのでは?
まぁ、この辺で探すか。と、ちょっと歩いたところ、知っている建物が。
実は先週、友人に連れられて赤羽飲みをしていたんですが、その時に案内されたメロンパン屋さんが目の前に。
でも、このお店までJRから結構歩いた気がするんですよ。
やっぱり戻ってくるのかったるいなぁとネオンを眺めながらフラリ。
これまた、3分で知っている建物が。
先週行った店じゃない、ここ。先週が遠回りで、コレが最短距離なんじゃない。
自分の嗅覚が誇らしい。

閉店間際の店に滑り込んで一杯。(ウソです。お酒は3杯までという規定どおりいただきました。)
なんだか達成感があるなぁ。
じゃあ、この間混んでいて到底入れそうもなかったおでん屋でも眺めて帰るかな。
待って、メッチャ空いてる。閉店間際と言えメッチャ空いてる。
と言うことで、ダメ押しの一杯。
ダシ割りのお酒の美味しかったこと。

ふふふ。
勝手に自分でイベント作ってひとり遊びするの楽しいですね。
もちろん、十二国記シリーズの既刊は上下巻含め11冊ありますので、全作、イベント読みをするわけにも行きませんが、いい景気づけになりました。
本当に刊行が待ち遠しくてたまらない。。。

-おまけ-
ちなみに、今朝のウォーキングは電車で四ツ谷まで行き、歩いて帰って来ました。
なかなか野性味のある遊歩道なんですが、さすがに普段はそこまでの時間が取れないので。
24時間券を最後まできっちり使い切りましたよ!
ちなみに、計算したところ¥2,059→¥600という結果でした。
なかなか使い勝手がいいですね。