せんべろ

せんべろ、という言葉をご存知でしょうか。

「1000円でべろべろに飲める」ということのちょっとオーバーな言い回し。

定義は人それぞれだと思うのですが、なんとなく「お酒2杯につまみが1品で1000円」というのが私のイメージです。

神楽坂にはたくさん素敵な店がありますが、このせんべろ店となると難しい。

神楽坂は1軒でゆっくり食事とお酒を愉しんで、それからBarでさらに会話を楽しむというスタイルがが似合う街ですから。

 

 

せんべろ。

まいてやハシゴ酒となるとそれは不可能と言えましょう。

しかし、そうなると無性にせんべろ旅に行きたくなる。

そこで週末は神楽坂を飛び出して、上野まで足を運びました。

アテンドしてくれるのは、以前神楽坂に住んでいて、転勤ののちに台東区に住んでいる友人。

参加者は神楽坂界隈の友人たち。

せっかくなので、待ち合わせは西郷隆盛像。

いやあ、上野公園はごった返していました。

もちろん、アメ横も考えられない混み様だったので、メインの通りを外して移動。

最終的に中華・もつ焼き・揚げ物・魚と4軒のお店を回りました。

各店とも移動と在店時間を合わせて1時間ずつくらいでしょうか。

最終的に計算をしたら、本当に1人当たり1軒につき約1000円になっていて驚きました。

たまにはこういう遊び方もいいですね。

 

 

さて、実はこのせんべろハシゴ酒が最終目標ではなかったのです。

ソメイヨシノはすっかり葉桜となってしまいましたが、八重桜はまだまだ楽しむことができます。

ハシゴ酒の〆は、ワインを持ってお山に登り、八重桜を寝そべって見上げること。

八重桜を見ようという花見客はあまりいないので穴場なのです。

機会があればぜひ、寝転びながら花を眺めてみてください。

現実が遠ざかるようで、とっても幻想的ですよ。