開花宣言

東京の桜はこの週末、3/17に開花を宣言されましたね。

標準木がある靖国神社にほど近いお堀の遊歩道も少しずつ蕾がほころんできました。

並木を歩いていると、空気が桜色に上気しているような生命力が感じられます。本格的なお花見は今週末からですかね。

 

 

 

先週、落語「おせつ徳三郎」を聴いてからこっち、ずーっと長命寺の桜餅が食べたいと思っていたのですが、週末買いに出かけることが出来ず。近所の友人と「清水」さんの桜餅の話をしたことを思い出して立ち寄ってみるも売り切れ。

ますます桜餅熱が燃え上がってしまったので、神楽坂通りにある和菓子屋さんの桜餅の食べ比べをすることにしました。

 

 

 

「鹿の子や」さんの桜餅は道明寺系。1個¥230。もち米の粒が大きくて柔らかい。こしあんもやわらかい。包丁で切ろうとした私がバカだった。すべてが柔らかい。

 

「五十鈴」さんは道明寺と桜餅と両方。共に1個¥248。道明寺は程良い固さと粒感。桜餅は薄めの生地で軽い感じ。どちらもこしあんで塩気が強く感じられるきっちりとした甘さ。

 

「地蔵屋」さんは1個¥120。ここは粒あんで、きっちりとしたお餅。というか、むしろ団子、、、って、お煎餅のお店だし、お団子屋さんだものね。

 

「梅花亭」さんも道明寺と桜餅。1個¥250。道明寺はお餅寄りの粒感。桜餅は少し厚めの皮。こちらもこしあんで甘さ控えめ。

 

「鼓月」さんは、1個売りをしていなかったので、残念ながらまた今度。

 

 

 

 

桜餅だけでなく、色々なお店が色々な桜でお出迎えって感じです。

鹿の子やさんは桜バームクーヘンを出しているし、くりこ庵が桜餡のたいやき出しているということは、きっとペコちゃん焼も桜餡が出ていることでしょう。

 

Foods Gardenさんには桜の蜂蜜が店頭に出てました。

金谷ホテルベーカリーさんがさくらあんぱんを出しているということは、きっと亀井堂さんも出してるのかな。でも、最近はクリームパンが棚を占領しているから、どうかしら。

 

五十鈴さんの薯蕷饅頭は桜の塩漬けが載った春バージョン。梅花亭さんの花見団子にも心をくすぐられる。

 

神楽坂菓寮さんはさくらおこし。

 

 

 

そういえば、神楽坂菓寮さんの店頭に本フェスと桜まつりのチラシが置いてありました。

 

そう。

この週末はお花見日和であり、神楽坂にある日本出版クラブでの本のフェス開催日でもあります。

本会場はもちろん、色々なお店などでもイベントが開ます。

桜餅リポートも参考に、お花見ついでに、ぜひお立ち寄りください!!

 

※神楽坂さくら祭りは3/25、FNビル前でお茶席や投扇興遊びが行われるようです。

共に受け付けは12:00からですので、お気を付け下さい。