節分豆まき式

2/3は節分。

言わずと知れた豆まきの日です。
毘沙門天でも恒例の豆まきが行われました。

 

知ってました?参加費5千円で、豆を撒く側に回れるんですって。

私も年女の時には撒く側で参加しようと思っています。

 

境内はすでに人、人、人。

参加者は、まず最初に本堂でご祈祷が行われるようですね(遠目でしたが)、それが終わると、15:00から太神楽社中のお神楽がはじまります。

ああ、笛は仙四郎さん。仙三郎師匠や小楽師匠の顔も見える。ってことは、お獅子は和助くんか仙成くんかしら。

なんてのんびり見ているうちに、目の前で抱かれてた赤ちゃんが寝てしまいました。
「うちの子、笛の音を聞くと寝ちゃうんですー。だから、夜、ぐずると笛のCD聞かせるんですー。」

あら、面白いこと。

でも、残念。この後の獅子舞見せてあげたかったなー。

そして、本題の豆まき。
豆まきは撒く人を替えながら10回ほど行います。

本当にいろいろな人が豆を撒きます。中には子供が無理やり裃を着て出てきたり、舞台衣装を着ていたり、本当にバラエティに富んでいる。

 

しかし、10回も撒いてくれるというのに、ゲットするのは至難の業。

私もなんとか1個キャッチしましたが、やっぱり背が高い方が有利ですね。

顔見知りの青年たちは揃って背が高いので、きっちりゲットしていました。

この豆、中に籤が入ってまして、当たるとその場で景品交換してくれるそうなんです。

いったい何が景品になっているのか、青年について行ってみると、あ、おもちゃ。

豆取り合戦の後ですが、何とも平和ではありませんか。

 

 

さて。

豆まきも解散して、福豆を食べながら街を歩いていると、袢纏姿の社中がちらほら。

ほほう。福屋さんで門付けをしている。

こういうの、本当に感動しますね。古き良き日本の文化って感じで。
ずいぶん方々を回っているようで、夜、送別会に出かけようと家から出ると、まだ社中が移動していました。

和助くんに声をかけると「今から〇○さんに繰り込むよー。」とのこと。

飲んでいるときに獅子舞がやってきたら、賑々しくて嬉しかろう。

ご祝儀を獅子の口に入れて、頭を噛んでもらうのよね。

遭遇したかった。

後に、知人の店に門付けがあったと聞いて、後悔しきりでした。