なんでもない週末は

秋はいろいろイベントが多いし、展覧会もあったし、外出予定が無い週末は、だいぶ久しぶり。

 

よし!柚子チェッロを仕込もう!

先週、社外のカメラマンさんが、段ボールいっぱいの柚子を抱えて前触れもなく来社。なんでもお宅でなり放題なっているそうで、もちろん無農薬。

皮の白い部分を入れないようにペティナイフで剝いていくので、時間はかかるは飽きるわ。ふー。

しかし、きっと苦労の甲斐はありますよ。10日後が楽しみで仕方ない。

 

そんな最中に、近所の友人から連絡が。

蒲鉾をおすそ分けしたいから会おうというのだけど、こんな状態だし、買い出しもあるし、翌日に待ち合わせることに。

それなら、lakaguマドラグさんのたまごサンドを食べよう!

そういえば、矢来のギャラリーの「ドザえもん展」が面白そうだから、それも見に行こう!

その後、飲みに行こう!!

 

 

翌日、「たっまごサンド~」と向かう途中、驚いたことが。

なんと、和食の清久仁さんの前に「だし入り玉子サンド」「だし入り厚焼き玉子」の看板。

確かにブームだとはいえ、清久仁さんにこんなメニューがあるとは。しかも、今日は定休日のはず。

手を出したいところですが、この後にたまごサンドを食べるわけで、これは来週買いに来よう。

もう少し進むと、毎日ひと箱古本市の神楽坂サイクルさんがあります。

店先にいつも木箱が出ていて、無人で、お金を入れる缶を置いていて、なんとも味がありますよね。

農家では無人で野菜を売り、本の街では無人で本を売り。

 

玉子サンドをシェアし、「いまいち場所がわからない」というプリン屋さん「ACHO」を案内。

矢来能楽堂を通りつつ、ドザえもん展を見に矢来公園近くのギャラリーに行ったわけですが。

真っ暗なんです。

おっかしいなー。確かにすっかり辺りは暗いけれど、19:00までやってるはずなのにー。

しかし。切り替えも早い我々。近所だし、また来ればいいよね。

 

 

神楽坂の普段使いの店が、日祝定休のところが多いので、散歩しがてら四ツ谷荒木町に向かいます。神楽坂で知り合った友人が独立してバーを開いているのです。

店までの散歩道は、きまって住宅街。

「むかしこの辺りで物件探したよー。」「あの頃はこんなにマンション立ってなかったねー。」なんて話しながら。

 

荒木町も日祝定休の店が多いのですが、友人がやっているバーは火曜定休なのでありがたい。

そして、案の定、難民の神楽坂の友人が続々集まってきて、話は四方八方、夜は更けていく。

 

 

これが私の普段の週末。